わりと作るのが簡単なバーコード読み取り機能

バーコードといえば、スーパーなどに売られている食料品のパッケージに印刷された、縦じま模様が有名です。模様の部分には商品に関するデータが含まれており、商品を管理する際に便利なものとして活用されています。商品を売買する企業などで活用されるイメージが強いですが、携帯電話が普及したころから、一般の人にも独自の利用方法が広まっています。携帯電話やスマートフォンにはバーコード読み取り機能が備わっているものが多くあります。


バーコードの部分にはサイトのURLが含まれているため、バーコードの部分を読み取り機能を使って取り込めば、いちいちURLを一文字ずつ打ち込まなくても、瞬時に目的のサイトを表示できるという優れた機能です。


実はこのバーコードは自作することができます。

Yahoo!ニュースについて詳しく説明しています。

専用のアプリケーションソフトを使ったり、サービスを提供しているサイトを利用すれば、誰にでも簡単に作れます。

作る際にはデータとして組み込みたい情報を事前に入力します。


URLはもとより、名前や住所、電話番号、メールアドレスやちょっとしたメモなど、何でも組み込むことができるのが魅力です。



作成したものは自身のホームページに掲載すると、URLを覚えてもらいやすくなります。

名刺に印刷をする方法も人気があります。
名刺のURLを打ち込ませる手間を相手にさせることなく、読み取り機能一発で、自社のサイトに訪れてもらうことができ、相手の好感度を上げることができます。

バーコードリーダーに関する特集の情報が満載です。